FC2ブログ

塞翁が馬  趣味、日々の雑感について

久しぶりの映画  

映画館に行くのは1年半ぶりぐらいですかね(笑)。

お供の時計は1675MM
IMG_8874 (2)

観た映画はコチラ。
IMG_8863 (2)

各メディアが大絶賛!
週を追うごとに観客動員数が増加!
ラストは感動!泣いた!
リピーターが続出!
といった具合に何かと話題の「ボヘミアン・ラプソディ」。

私もクイーンファンとまではいきませんが音楽は好きなので(特に初期)、
少なからず期待して観に行きました。
観た感想ですが・・・・・・。

これは「クイーン」というよりは、「フレディ・マーキュリー」の物語ですね。
フレディ・マーキュリーのファン、又はクイーンに初めて出会うファンのための
映画かなと思いました。
で結構、違和感を感じたのも事実。

個人的な記憶で言えば、
クイーンの原体験、リアルタイムで聴いてたのは、80年代初から中盤にかけて。
当時の音楽(ロック)シーンは、パンクムーブメントが一段落して、所謂ニューウェーブの全盛期。
その中でのクイーンの存在は前々時代的なバンドで、ロック好きの若者がではなく
大人(ダサい意味で)が聴くイメージ。
フレディ・マーキュリーは歌が上手く、すぐ上半身裸になる胸毛ヒゲオヤジ(笑)。
キワモノ的でコミカルな存在だったと思います。
映画では伝説のバンドみたいに語られていますが、当時は決してそういった扱いではなかったような・・・。

あと、フレディーがバンドのリーダーであり、音楽的な中心人物のように描かれてましたが、
ホンマか!?と思いました。
確かにフロントマンではあり、音楽的な影響度が最も高いと思いますが、
クイーンは特にリーダーがいない民主的なバンドだったのでは?
他の3人が占める割合は少なくないと思うし(特にブライアン・メイ)、
個人的には、初期のプロデューサーであるロイ・トーマス・ベイカーの影響も大きいと思っています。
まあ、あくまでも主役はフレディで、事実を基に脚色した映画と考えれば納得できるのですが・・・。
他にも細かい事実関係とかで?と思うことがありましたね。

フレディーを演じた役者ですが、実際に歌っているのでしょうか?
だとしたら歌声はそっくりだし、歌唱力も物凄くてビックリしました。
ただ、ヒゲを生やす前の姿が、フレディ・マーキュリーというよりミック・ジャガーに見えたのは
私だけでしょうか(笑)
それに対して、見た目で言えばブライアン・メイ役はそっくりでしたね(笑)。

なんだかんだ書きましたが、
映画自体は最後まで面白く見れました(笑)。
特にラストのライブシーンは、まるで自分が会場にいるかのような臨場感で
熱い気持ちがこみあげてきましたね。

リピートはしないと思いますが・・・・。
スポンサーサイト

アリストの使用感  

購入してから約2ヵ月半。
普段使い用として、仕事の時も含め結構な頻度で使用してます。
見た目のオーラは無いですが、使い勝手はまずまず。

ムーブはETA2824ですが日差+5秒と問題ないレベル。
ベゼルが一体型で薄くケースに対してダイヤルが大きめのためか
ケース径38.4mmの割にフェースが大きく感じます。
裏側が多少が膨らんでおり(裏スケのため?)、
腕にのせた時に浮いてる感があり、よけい目立つのかもしれません。
それでも、厚さ10.8mmと薄く、チタン製で54gと軽量なので装着感は悪くありません。

結構無造作に使用し、何度かぶつけもしましたが、
チタンのお陰か、まだキズはついてません。
IMG_8820 (2)
デイト表示はデザイン的には無くても良いですが、
普段使いしてると何かと便利ですね。


夜光はルミノバ(蓄光)で夜の視認性もバッチリです。
蓄光タイプなので光が十分当たってないと光りませんが・・・。
IMG_8807 (2)

不満はパワーリザーブが短いこと。ETA2824なので38時間かな。
金曜の夜に外したら、日曜の昼前には止まってしまいます(汗)。

6万円以下(ポイント割引含む)の価格を考えれば、コストパフォーマンスは十分高いと思います。
絶対、被らないし・・・・。

近所でラーメン  

今日は娘の三者懇談のため、有休を取りました。

午後からの懇談に備え、近所のお気に入りのラーメン屋で腹ごしらえ。

らーめん小道
IMG_8831 (2)
あやしいイラストの看板が目印(笑)。

ラーメン 大盛 650円
IMG_8822 (2)
とんこつ醤油スープと細ストレート麺(原田製麺?)の広島ラーメン。
スープは濃厚で食べてるうちに、うっすらとゼラチンの膜ができます。
1/2煮玉子まで入って550円(大盛は+100円)と格安ですが、
味的にも広島ラーメンの中で結構上のレベルだと思ってます。

今日の時計は、56ロードマチック。
IMG_8826 (2)
オール数字の植字インデックス(後にプレスに変更)が気に入ってます。


で、肝心の三者懇談ですが、
もうチョット頑張らないと志望校は難しいとと先生に言われてしまいました(汗)。

久しぶりのマンガ  

慢性の腰痛持ちなんですが、この土日は腰痛がひどく、
家で大人しくしてました。

テレビをダラダラ見てたんですが、暇を持て余し
久しぶりに所蔵のマンガ本を読んでみました。
IMG_8704 (2)
適当にピックアップした4冊。

・「死神が来る!」 いばら美喜 
 個人的に大好きなB級ホラー漫画家。
 ぶっ飛んだストーリー展開、唐突でショッキングなラストが秀逸。
 この人の作品は貸本当時のモノからかなり収集しましたね。

・「地獄小僧」 日野日出志 
 この人も独特なタッチが特徴のB級(というよりもA級?)ホラーですね。

・「炎のクイーン」 滝沢解・川崎三枝子
 いかにも'70年代的な退廃的でぶっ飛んだロックと暴力とエロな作品。
 たまに挟まれるシュールな絵が良い感じです。センスが良いのか悪いか判りません(笑)。
 ハードロッカーという設定なんでしょうが、パンクと歌謡曲(演歌?)的な要素もごちゃまぜで何だか微笑ましいです。

・諸星大二郎「妖怪ハンター」 
 この中では一番有名?な作家ですかね。
 独特な諸星ワールドの醍醐味が感じられる初期の作品集。

久しぶりに読むと、どれも新鮮ですね。



青からゴールド  

休みを取って運転免許証の更新のために、
免許センターに行って来ました。

今回は免許の色が青からゴールドに。
やっと戻れました。
6年は長かったですね(笑)。

講習時間も短いし5年更新だし、ゴールド免許のモノですね。


本日のお伴は、
IMG_8675 (3)
赤がゴールドに変色した1675Mでした。

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード