塞翁が馬  趣味、日々の雑感について

ウオッチミュージアム ヴォガ その2  

前回の続き。
ここからはロレックスがメインです。

13_ロレ1
30~40年代のバブルバックです。

14_ロレ2 (2)
前の画像よりちょっと新しめの40~50年代のバブルバックです。

15_ロレ3 (2)
セミバブルバック、オイスターパーペチュアル、デイジャストなど。

16_ロレ4 (2)
珍しいオイスター社製の手巻き時計です。

18_ロレEx (2)
エクスプローラーなど。
左から2番目のツートンダイアルは北米向けに投入されたエクスプローラー1005とのこと。
6610のダイヤルがマットだったのが残念。

19_サブ1
プレ・サブマリーナとも言うべきターノグラフ6202。初めて回転ベゼルを装備したモデルと言われてます。
左側がハニカムダイヤル。右がミラーダイヤル。

23_ボンド
第1~3世代サブマリーナ。左から6205、6538(ボンドモデル)、5508。
6205はペンシル型の針、サブマリーナ表記の無い初期のレアモデル。
6538はレッドトップベゼル、ブラウン化したダイヤルの超レアモデルですね。

20_サブ2
ガードレスの5508(右)と、初めてガードを備えた5512。どちらもサークルミラーダイヤル。
前画像の5508はレッドトップベゼルでしたが、こちらはシルバートップとレア度は落ちます。
がダイヤル&針の雰囲気はこちらのほうがイイですね。

21_サブ3
5512マット、1680ノーマルと赤サブ。

IMG_5472 (2)
展示品のサブをバックに、私の5513のリストショット。

22_デイトナ (2)
デイトナ3連発。
右から、6238金無垢プレデイトナ。6239初代デイトナのポールニューマン。16500ゴールドのコンビ。

22_デイトナ2
6239のアップ。ポールニューマンだけでも価値がありますが、更にティファニーのWネームです!
恐らくこのミュージアムの中で一番高価な時計でしょう。

24_Wネーム (2)
こちらもWネーム。
16660ティファニーとのWネームと、1680カルティエとのWネーム。

25_GMT (2)
GMTのコーナー。

26_GMT2.jpg
青赤の6542が3本と、金無垢の1675。
右がベイクライトベゼルの6542。ダイヤルもかなりブラウンに退色しており良い雰囲気です。
残り2本はアルミベゼルですね。

27_GMT3.jpg
こちらの2本も6542。下側の6542には1675以降のムーブメント1565がフライングで
搭載されているようです。

28_GMT4.jpg
1675青赤ミラーとフジツボ。

写真を撮ったのは一部の時計のみで、他にもイロイロな時計が展示されてますので、
時計好き(特にアンティーク好き)なら、ぜひ訪れることをおススメします。
出来ればムーブメントを写した画像を

実は、一通り見学してみて展示品の説明にいくつか間違いがあることを見つけました。
明らかに間違っているのが3点、恐らく間違いではと思ったのが1点。
僭越ながら係員の方(あまり時計に詳しくはなさそう)に明らかな間違い3点を指摘させて頂きました。
(載せた画像を見て頂ければわかると思います)

あと、ミュージアム所蔵品800本をまとめた本が出版されてます。
館内に閲覧用として数冊に置いており、販売もしてました。
オールカラーで1本づつ解説がついて、ムーブメントの写真まで掲載されてます。
資料としても優れてると思い、4860円と高額ですが思わず買っちゃいました。
IMG_5582 (2)


スポンサーサイト

ウオッチミュージアム ヴォガ  

先日、家族で島根旅行に行きました。
国道9号線で浜田から松江に行く途中、アクアスに寄ったんですが、
このウォッチミュージアム ヴォガはアクアスの道路を挟んで隣に位置しており、
家族がアクアスに行っている間、私はここを見学することに。

IMG_5414 (3)
時計はサブ5513。途中に寄った喫茶店でのリストショット。

0_アクアス
ミュージアムはアクアスのすぐ隣にあります。

1_IMG_5475 (2)
外観 入口

2_IMG_5476.jpg
外観 9号線から

入場料は600円。
館内にはカフェも併設されており、カフェを利用すると500円になるようです。
長細い展示場に展示ケースがいくつも並び、ブランド別、テーマ別に貴重な時計が
展示されてます。800本が所蔵されているそうです。
写真は自由に撮って良いとのことだったので、イッパイ撮りまくりました(笑)。

3_ロンジン1 (2)
ロンジンのクロノ13ZN、30CH系。
右から2番目のポーセリングダイヤルに手書きアラビア数字の1プッシュクロノがイイですね。
中央のミリタリー(タイプXXデザイン)もカッコイイです。

4_ロンジン2
ロンジン 3針、懐中時計など

5_パテック (2)
パテックのカラトラバ、レアなトロピカルなど。
どことなく威厳を感じます。

6_ユニバ
ユニバーサルジュネーブのクロノ。コンパックスがいっぱい。

6_ギャレット
ギャレットのクロノ。ムーブメントはバルジュー、ビーナス、エクセルシオパーク。
右から2番目は世界最小のバルジュー69が載った27mm径のベビークロノ。
初めて見ましたがメチャ小さいですね。
一番右も34mmと十分小さいのですが、それより2回り以上小さいです!

7_ミリタリー1
ミリタリー系 その①

8_ミリタリー2
ミリタリー系 その②

9_ミリタリー3
ミリタリー系 その③

10_セイコー
セイコー、シチズンといった日本メーカーも、少ないですが展示されてます。

10_ブライトリング (2)
ブライトリングのクロノ。 中央のナビタイマーはバルジュー72搭載の超レアモデル。
右のコスモノートも含め、現行モデルよりもデザインがカッコイイですね。

11_IWC.jpg
IWC マーク11。 右奥にあるのが私のと同じマーク15(ただし初期の11連ブレスタイプ)

11_オメガ1 (3)
オメガのクロノ。中身はレマニアベースの 33.3CHRO。

12_スピスマ
オメガ シーマスとスピマス。
スピマスは2nd~5thまで展示されてます。マークⅡ以外はパっと見現行とほとんど一緒ですね(笑)。

17_チュードル (2)
チュードルのコーナー。サブマリーナ7923、7924、7928、7016。
クロノタイムモンテカルロ、アブダビ警察とのWネームなどもありました。

その2に続く。

サブマリーナ 5513  

実は去年購入してたのですが、機会がなくてブログで紹介してませんでした。
フチなし、メーターファースト、マット文字盤の5513です。

シリアルが22~なので、68~69年の個体でしょう。
ムーブメントは、Cal.1520(19800振動)のハック無し。
ブレスは93150のハードブレス、FFは580、バックルは溝ありです。

IMG_5482 (2)

特筆すべき且つ、購入の決め手となったのは文字盤と針の状態の良さ。
80年代前後のモノならともかく、5513のメータファーストでここまでキレイな個体は
初めて見ました。
インデックスのヤケが殆ど無く、ホンマかいな!と思うほどキレイです。
針のトリチウムは本当に真っ白なので、恐らく後年に交換されたものと思われます。
ケースも痩せがなく線キズが若干ある程度の美品。
ベゼルとブレスが同時代のモノではなく、ヴィンテージとしての価値はそれ程でも
ないですが、何より文字盤&針の状態の良さに惹かれ、価格も5513としては比較的
手頃でどうにか工面できる金額だったので、衝動的に買っちゃいました。

ケースの状態もバツグンです。
プラ風防は、メーカー交換用のカーブが緩めのタイプ。
IMG_5486 (2)

93150のハードブレス、FF580、バックルは溝あり
IMG_5495 (2)

購入した後に、考えたのが日ロレにオーバーホールに出すこと。
ここまで状態が良かったら、針、文字盤交換無しに正規オーバーホール受けれるのでは?
と考え、早速、日ロレに送ってみました。
見積もりの回答は、文字盤&針の交換無しで受けれるとのこと。
ベゼルは交換要とのことですが、全然問題なし(笑)。
早速オーバーホールをお願いしました。
載せた画像は全てオーバーホール後のものですが、ベゼルが新品
(ルミナスポイントはルミノバですが、もともとルミノバだったのOK)、
ケースも軽く研磨をしてもらって更にキレイになって帰ってきました。
日差も+3秒とクロノメーター級。

納品書とサービス保証書。
IMG_5500 (4)

戻ってきて、何回か使用したのですが・・・・・。
だんだん、個人的な嗜好がヴィンテージ的な”味”に魅力を感じるようになり、
キレイなのは、オールニューの1016だけで良いかなと思うようになってきました。
なんか勝手ですよね(笑)。
最近では殆ど使用せず、タンスの肥やし?になってます。

これを下取りに出して、新たな時計の費用に充てようかと、
考えている今日この頃です・・・・。


約50年前の時計には見えません(笑)。
IMG_2358 (2)

福岡旅行・・・。  

週末、福岡に一泊旅行に行ってきました。
実は、嫁さんと娘が某アーティストのヤフオクドームライブを見に行くというので、
せっかくなんで家族で福岡旅行しようということになり、車で出かけました。

腕時計は、久しぶりのキングセイコー44KSを持参。
IMG_5335 (2)

まずは、大宰府天満宮へ。
娘が来年受験なので、一応願掛けということで。
IMG_5317 (2)

定番の梅ケ枝餅。
萬屋さんと寺田屋さん(写真)の2個を食べ比べ。
微妙に味が違いますね。
IMG_5310 (2)

福岡市内にホテルに宿泊したんですが、
夜は、中州でフラット入ったお店(名前は失念)で水炊きを頂きました。
鶏は名古屋コーチンのようです。スープは濃厚、お肉(もも、手羽、肉団子)美味しかったです。
IMG_5345 (2)

シメは雑炊。お腹いっぱいになりました。
IMG_5346.jpg


翌日の昼は薬院にある餃子李へ。
IMG_5319 (2)

福岡といえば一口餃子が有名ですが、ここの焼き餃子はジャンボでした。
デカいけど皮がパリ、モチ、中がジューシーで美味しいかったです。
IMG_5328 (2)

昼過ぎには、嫁さんと娘をヤフオクドームに送っていき、私は一人で暇つぶし。
ライブが終わるのが9時頃とのことなので、夜は一人でラーメン。
せっかく福岡に来たので、気になる店はしごしちゃいました。

まずは、一蘭 天神西通り店
5時頃行きましたが、5人程並んでました。
IMG_5364 (2)

ここと、キャナルシティ店でしか味わえない、釜タレとんこつ(890円)を注文
IMG_5365 (2)

通常のラーメンより、スープがこってりしてるような気がしましたが、正直違いは良くわからなかったです。
有田焼の器で高級感がありますが、持ちにくいし食べにくいですね。
それにしても890円は高い!
IMG_5370 (2)


次は、長浜ラーメン ナンバーワン 祇園店へ。
IMG_5362 (2)

一蘭に比べると価格は良心的です(笑い)。
IMG_5357 (2)

長浜ラーメン(550円)を注文。
長浜ラーメンはアッサリというイメージですが、
この店は結構コッテリ。ですが臭みはなくマイルドな味わいで美味しいですね。
IMG_5359 (2)


三店目は、博多一幸舎 博多本店。
食券機です。
IMG_5350 (2)

今風のこってりのトンコツラーメン。
美味しかったですが、3杯目でお腹いっぱい。
結構無理してどうにか食べきれました。
IMG_5351 (2)

9時頃、嫁さんからライブが終わったとの連絡があり、車で迎えに行ったところ、
ヤフオクドームの周辺は大渋滞! どうにかピックアップできましたが、
渋滞から抜け出すのに30分ぐらいかかりました。
そのまま広島に向かって出発。夜中の2時頃にやっと到着。

疲れました・・・・。









手巻きクロノグラフ  

カープもリーグ優勝したし、景気づけに時計でも買おうかなと思ってます。

で、最近気になっているのが手巻きクロノ。
計器のような文字盤デザイン、内部の複雑かつ緻密なメカニズムが
男心をくすぐりますよね。
特にヴィンテージの手巻きクロノがイイかなと思ってます。

ちなみに、購入するとすれば、
①価格が50万円以下。
②作動方式&伝達方式がコラム・ホイール&キャリング・アームのもの 
③タマ数があり、壊れたとしても修理が容易なもの。
④ムーブメントがキレイなもの。
(②④は後々裏蓋シースルーにしたいので、見た目を重視したい)

ヴィンテージのクロノグラフを調べていくと、その最高峰として紹介されているのが
ロンジンの13ZN。
非常に惹かれますが、タマ数が少なく、価格も最低でも100万オーバー!
おまけにスペアパーツも無いため、故障したら非常にやっかいとのこと。

で、現実的な購入を考えた場合、候補となるのは、
ヴィーナス、レマニア、バルジューの3大エボーシュかなと。
実用性も高く、故障してもスペアパーツも十分であるので安心。
比較的にタマ数も豊富で価格も30万円代から狙えますね。

これらを搭載している有名どころの時計といえば、
ヴィーナス:ブライトリングの1~3rdナビタイマー(Cal.178)、初期クロノマット(Cal.175)。
レマニア:なんと言ってオメガの1~4thスピードマスター(Cal.27CHRO、オメガ版はCal.321)
バルジュー:ロレックスの手巻きデイトナ(Cal.72)など・・・。

ただ、手巻きデイトナは高額すぎるのでパス。
スピマスも、Cal321搭載の1~4thは最近に一気に高騰してるようで4thでも100万円ぐらいしますね。
5thからはカム式のCal.861になっているのでパス。
ヴィーナス搭載のブライトリング系なら50万円程度で購入できる個体が結構ありそう。
あとは、バルジューやヴィーナス搭載されているギャレット、ワックマン、エテルナなどの中堅どころ。
ユニバーサル、ミネルバ、モバード、エクセルシオパークなどのクロノも検討しようかなと。

イロイロありすぎるので、もうチョット悩みたいと思います。

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード