FC2ブログ

塞翁が馬  趣味、日々の雑感について

ロレックス GMTマスター 1675MM  

IMG_6260 (2)

ケースサイズ:幅39.5mm×厚12.5mm
重量:86g(自分で計測)
ムーブメント:自動巻き Cal.1565
        毎時18000振動 25石
        パワーリザーブ:40時間?
防水性能:50m(発売当時)

1675はGMTマスターの2ndモデルで1960頃~80年頃まで生産。
ミラーダイヤルは66年頃までで、63年頃までがミニッツサークル付き(MM)、
以降はサークル無しミラー(M)となり、66年からは徐々にマットダイヤルに切り替わっていきます。

私のは63年後半~64年初期のモデルなので、ミニッツミラー(MM)最後期だと思われます。
他のレアポイントとして、ヒラメケース(~63年頃?)、6ドット(MMの一部に存在)、
深溝ベゼル(~?)、GMT小針(~66年頃?)を持ち合わせています。

惜しむらくは針がロング針でないこと、バタフライローターでないことかな。
あとはリバーシングホイールもゴールドではなく紫です。
(バタフライローターとゴールドのリバーシングは63年まで生産されていたかは微妙ですが)。

本当のところ、サブのミラーダイヤルが欲しくて、ネットを探したり実店舗でもイロイロ見せてもらったんですが、
サブよりもGMTの方が価格的に安かったのと、
GMTの方がダイヤル状態が良い個体が多かった気がします。
(サブはそもそもダイバー用なので使われ方が影響しているのか・・・)

ミラーの状態を第一条件に(あとは価格)、この1675MMを購入したんですが、
いや~、やっぱりミラーダイヤルはイイですね。
暇があるとついつい見入ってしまいます(笑)。
綺麗で艶があるミラーダイヤルを見てしまうと、
マットダイヤルでは物足りなくなってしまうのが怖いです。
ミラー4桁の深みに嵌ってしまいそうな悪い予感・・・。
まあ、コンディションの良いミラーはタマ数が少なく、
価格も高騰しているので、だんだん入手が難しくなるだろうし、
そもそもお金が残ってません。

今のところ大満足ですが、
次はベゼル交換で遊んでみたいですね。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://riverman29.blog.fc2.com/tb.php/162-e5f88e5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード